文字の大きさ
大
中
小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒色
黒地に黄色

音声読み上げ

  • 携帯電話版のご案内

危機管理監室 原子力安全対策室

  • 石川県の原子力安全行政
  • 志賀原子力発電所の概要
  • 資料BOX(議事録・トラブル情報等)
  • お知らせ
  • 現在の環境放射線の状況
  • 関係リンク

ここから本文です。

「志賀原子力発電所における県・地元町への連絡基準に係る覚書」に基づき、北陸電力から連絡があった事象(令和元年度)

連絡
区分
発生
月日
事象名
概  要 県HP 電力HP
 ⅠA  令和元年
7月5日
志賀原子力発電所構内における火災発生について
 令和元年7月5日(金)、志賀原子力発電所構内の防災資機材倉庫付近に配置している高圧電源車で火災の発生を確認したため、ただちに、北陸電力の自衛消防が消火し、その後、志賀消防署が鎮火を確認した。
 北陸電力(株)では、火災発生の原因は、バッテリ引出しによる電源ケーブル破損等によるものと推定。
 今回の事象により、発電所施設への影響及び外部への放射能の影響はなかった。
 Ⅲ 令和元年
7月22日 
 志賀原子力発電所1号機 タービン廻りの機器の冷却を行う系統からの海水の漏洩について  
  令和元年7月22日(月)、志賀原子力発電所1号機のタービン廻りの機器の冷却を行う系統の配管(機器を冷却するため、海水を取り込んでいるが、その海水から異物を除去し、除去した異物を海水とともに排出するための配管)から、海水の漏洩が確認されたと連絡があった。
 北陸電力(株)では、予備の冷却装置に切り替え、冷却を継続している。原因は、配管内部の腐食による劣化と推定。漏洩があった配管については、9月下旬に取り替える予定。
 今回の事象により、発電所施設への影響及び外部への放射能の影響はなかった。
石川県/資料BOX(議事録・トラブル情報等)/安全協定9条に基づく事故・トラブル